知っておきたいお中元のマナー 地域によって時期が違うって本当?

コラム画像

実家から独立して、社会人になった際や結婚した際に、意外に困るのが「お中元」のマナーではないでしょうか。 お中元は、日頃からお世話になっている方々や目上の方に向けて「半年間」の感謝の気持ちと、健康を願う気持ちをあらわすために品物を贈る風習です。 お中元のシーズンは地域や地方によって時期に差がありますが、基本的には7月初旬から8月中旬までとされています。お中元が届く時期が早すぎたり遅すぎたりすると、かえって失礼に当たってしまうので送り先の地域を確認し贈る時期をチェックしましょう。

お中元の時期とは「お盆」
お中元の時期は一般的にお盆の時期と同じです。お盆の時期が地域によって異なるように、お中元の時期も地域によって異なります。

<地域別お中元の時期一覧 >
北海道 7月中旬〜8月15日まで
東北・関東 7月初旬〜7月15日まで
東海・関西・中国・四国 7月中旬〜8月15日まで
九州 8月1日~8月15日まで
北陸 7月1日〜7月15日までの地域と、7月15日〜8月15日までの地域で分かれる
沖縄 旧暦の7月15日まで(現在の暦でいうと8月中旬〜9月初旬頃の時期)
※同じ地域でも、地区や都市によって異なります。

現在、全国的にお中元の時期が早まっている傾向があります。また中国地方・四国地方において、お年寄りのいる家庭や歴史が古い家庭では作法を重んじることが多いです。そうした家庭には「裏盆」と呼ばれる7月20日頃に届くようにするのが最適だと言われています。裏盆は日本のお盆の行事である盂蘭盆(うらぼん)の終わる日を指しています。

コラム画像

送りそびれた場合の対処法
お中元の時期を逃してしまった時には「のしの表書きを変える」という方法があります。お中元を贈る際、紅白の蝶結びの水引(みずひき)を使ったのし紙に「御中元」と書きます。しかし、時期が遅れてしまった場合には以下のように書きます。例として関東と関西に分けて見ていきます。

【関東】
7月15日まで = 御中元
7月15日~立秋 = 暑中御見舞
立秋~9月まで = 残暑御見舞
【関西】
8月15日まで = 御中元
8月15日以降 = 残暑御見舞

以上のように、地域によってお中元の時期は異なります。お中元は地域性を大切にするものです。送り先の事情やその地域のマナーをきちんと把握し、感謝が伝わる、相手に喜んでもらえる、そんな素敵な贈り物を探してみてはいかがでしょうか。

関連レシピ